壱岐七社参り 白沙八幡(はくさはちまん)神社への行き方と御朱印

壱岐七社参り 白沙八幡(はくさはちまん)神社への行き方と御朱印

長崎県壱岐市の石田町にある白沙八幡神社の紹介をします。

 

白沙八幡神社とは

白沙八幡神社のご祭神は、「応神天皇」(おうじんてんのう)、「仲哀天皇」(ちゅうあいてんのう)、「神功皇后」(じんぐうこうごう)、「仁徳天皇」(にんとくてんのう)、「玉依姫命」(たまよりひめのみこと)、「武内大臣」(たけうちのおおおみ)です。

ご祭神2月11日祈年祭、11月15日例祭・神幸

 

壱岐国七社の一つとして、「七社参り」と称する島内外からの参拝者が多い。
延喜式神名帳に「石田群 海神社(大)」と所載の神社で、延宝四年の査定の時、「八幡宮」の称号になっていたため「海神社」は別所に査定したものと論考されている。   白沙八幡神社由緒

 

二の鳥居

二の鳥居は壱岐島内最古の石造鳥居(県内最古)ともいわれています。
元和七年(1621年)




絵馬天井

昭和天皇の御大典を記念して昭和四年に氏子有志が奉納。それぞれの絵には奉納者の名前が記されている。




韓櫃(からひつ)石

韓櫃石(拝み石)は拝殿内にあり、形状が韓櫃に似ているところから、こう呼ばれている。昔から人はこれを敬って上がることはない。

言い伝えによれば、昔、拝殿を建て替えようとしてこの石を取り除こうとしたところ、石から血水のようなものが流れ出したので人々は恐れて取りやめたという。



白沙八幡神社の住所とアクセス

 

白沙八幡神社の住所:長崎県壱岐市石田町筒城仲触1012

郷ノ浦港からは車で約20分(約12キロ)、芦辺港からは車で約19分(約11キロ)です。複数の神社を巡る際はレンタカーをおすすめします。

白沙八幡神社の御朱印

白沙八幡神社の宮司さんは複数神社を兼務されていて、常駐してませんので御朱印をもらう時は予約の電話をいれて行きましょう。

 

白沙八幡神社の御朱印予約電話番号

 

TEL:0920-44-5353

 

最後に

壱岐の白沙八幡神社はいかがでしたか?こちらの神社は壱岐で有名な筒城浜海水浴場の近くなので夏など海に行く前に参拝に行くのいいとおもいます。
それでは壱岐の神社巡りをお楽しみください。

神社カテゴリの最新記事