パワースポット

【壱岐】龍光大神(りゅうこうおおかみ)の紹介・行き方

毎度、壱岐の神社や観光情報を発信している壱岐の島神社観光案内所です。 9月、10月連休前になると多数のお問い合わせがありました。(気軽にお問い合わせください) お問い合わせ   お問い合わせが多かった内容 ・神社の行き方 ・御朱印のお問い合わせ ・壱岐の飲食店情報 ・宿泊(ホテル・旅館)情報 その中でも一番お問い合わせが多かった「龍光大神」の行き方について今回は紹介したいと思います。 龍 […]

通なら知っておきたい壱岐最高峰岳の辻とその付近の観光スポット

うにや魚介類、壱岐牛、麦焼酎が有名な九州の小さな南国「壱岐」。 人口約2.6万人と小さな島ながら、日本各地から訪れる観光客で賑わいます。 今回は小ぶりながらも壱岐の中では最高峰の「岳の辻」を紹介します。 岳の辻 岳の辻とは壱岐市、郷ノ浦町にある標高約213メートルの山です。 そもそもあまり高い地形の無い壱岐の中では最も高く、隣接された岳の辻展望台から壱岐の景色が見渡せる小さな観光スポットです。 立 […]

【保存版】神々の島 壱岐でもらえる御朱印まとめ

長崎県壱岐市で御朱印がもらえるところは? 先日、お問い合せで「壱岐の島では何社御朱印がいただけるのですか?」という質問が送られてきたので、今回は「壱岐で何社御朱印がもらえるか?」をまとめましたので紹介をしたいと思います。   壱岐でもらえる御朱印マップ   郷ノ浦町4ヶ所 國津意加美神社塞神社  爾自(にじ)神社天手長男神社 芦辺町15ヶ所 住吉神社箱崎八幡神社女嶽神社男嶽神社小島神社 […]

九州初!?男嶽神社境内にカフェオープン「おみやカフェ」

良縁成就、夫婦和合に、そして御朱印集めの神社巡りにおすすめの男嶽(おんだけ)神社。 今回は、この男嶽神社の境内にオープンするカフェ、「おみやカフェ」について紹介します。 おみやカフェとは おみやカフェとは、冒頭でも解説したように壱岐の中では高いところに鎮座する男嶽神社の境内に隣接するカフェです。 平成が終わり、新しい元号に変わる令和元年の5月1日にいよいよオープンします。 毎週土曜日、夕方からお籠 […]

壱岐の子宝縁結び神社ならここ!塞神社

壱岐の数ある神社の中でも、強烈なインパクトある「アレ」が祭られている子宝神社「塞神社(読み方:さいじんじゃ)」の行き方や御朱印について解説していきます。 賽神社(読み方:さいじんじゃ)とは 壱岐には子宝や縁結びの神社があり、観光スポットとして参拝する方も多くいらっしゃいます。 その中でも祭られている「アレ」でも有名である賽神社(読み方:さいじんじゃ)。 町中にある小さな神社でありますが、正面から左 […]

壱岐の神社巡り 男嶽(おんだけ)神社の行き方と御朱印

壱岐は小さい島ながらも、神社庁に登録されているだけでも150以上、登録されていない神社や祠(ほこら)も数えると1500以上もあると言われている長崎県の離島です。 今回は数多くある壱岐の神社の中でも男嶽(おんだけ)神社について紹介していきます。 男嶽神社(おんだけじんじゃ)とは 男嶽神社は壱岐の芦辺町にあり、ご祭神は「猿田彦命(さるたひこのみこと)」祭典は9月18日例祭、神幸。 「良縁成就」「夫婦和 […]

縁結び 女嶽(めんだけ)神社の行き方と御朱印

壱岐の数多くある神社の中でも特に「縁結び」として有名な女嶽(めんだけ)神社。 猿田彦と夫婦神のため一緒に参ると良いとされています。 今回はこの女嶽神社について解説していきます。   女嶽(めんだけ)神社とは 女嶽神社は冒頭でも解説したように猿田彦と夫婦神にあたるため、男嶽(おんだけ)神社ととても関係の深い神社です。 この女嶽神社の最大の特徴は何と言ってもこれ! 女嶽(めんだけ)神社の特徴 […]

【壱岐】小島神社の御朱印をもらうには?

小枝すら持ち帰ることが許されない、島全体が神域。太陽と月の引力によって生じる干潮により、干潮の時は海が割れて参道ができ、満潮時は島に変わる。 日によって限られた時間しか渡ることができない、小島神社の御朱印をもらうには何処でもらえるのかを紹介したいと思います。 先日小島神社を参拝した際、書き置きの御朱印がなかったので御朱印は無いと思ってましたが、「あるのかな?」と思って宮司さんに直接電話をしてみると […]

【完全攻略】壱岐の小島神社アクセスや行き方 干潮時間を紹介

壱岐で人気の神社、小島神社のアクセス、行き方、干潮時間などを紹介します。各港、壱岐空港から小島神社の所要時間はこちら。   郷ノ浦港 約21分 芦辺港 約12分 印通寺港 約14分 壱岐空港 約15分   アクセス・地図 近くの目印になるお店、建物など 島の駅壱番館、カキハウス内海湾 県道23号線郷ノ浦方向から行くとエネオス(ガソリンスタンド)の先に、島の駅壱番館から右折。 県 […]