【壱岐】辰の島 シュノーケルでシュノーケリングをしよう

壱岐で穴場スポットの海水浴場と言えばといえば辰の島。

壱岐市勝本町という壱岐の北部に位置する町から更に小さな船に乗って向かう辰の島は、数ある壱岐の海水浴場の中でもひと際綺麗な海が広がる無人島です。

Googleの検索キーワードを見ていると「辰の島 シュノーケリング」で多く検索されているようです。

今回は、辰の島でシュノーケリングができるのか?そして、辰の島でより有意義に遊ぶための必須アイテムを紹介します。

辰の島とは

冒頭でも触れましたが、辰の島は壱岐北部に位置する小さな無人島です。

これぞエメラルドグリーンと言わんばかりの綺麗な海で海水浴、釣り、クルージングなどが楽しめるおすすめスポットの1つです。

ちなみに、辰の島は国定公園の特別保護区域にも指定されているだけでなく、国指定の天然記念物である「辰の島海浜植物群落」もあります。

辰の島へは勝本町の「勝本町漁協 観光案内所」にてチケットを購入し、その前から出る船に乗って向かいます。

レンタカーなど車をご利用の方はカーナビに「勝本町漁協 観光案内所」と入力してくださいね。

辰の島への行き方は別記事にて紹介していますので、あわせてご覧ください。

>>壱岐旅行のお勧め観光スポット辰の島(たつのしま)の行き方と渡航遊覧時刻表

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

gokiさん(@singer_songwriter_goki)がシェアした投稿

【壱岐】辰の島でシュノーケリング

辰の島でシュノーケリングができるのか?と多くの観光客の方が検索していますが、もちろん可能です。

ただし、マリンスポーツを提供している会社があるわけではありませんので、あくまでもご自身で楽しむといった形になります。

シュノーケルを持参するか、辰の島内にある休憩所の売店にてレンタルして楽しみましょう。

>>【壱岐】辰の島の設備(シャワー・トイレ・更衣室)と海の家(売店)の紹介

シュノーケリングとは

シュノーケリングは、シュノーケルと呼ばれるパイプ状の呼吸器を付けて、水面または比較的浅い水中を遊泳しながら、海の美しい景色を楽しむマリンレジャーです。

スキューバダイビングのように資格は必要なく、特別な技術も不要。年齢性別を問わず、手軽にできることから人気を集めています。
参照:そととあそびライフ

 

おすすめのシュノーケル

ご自身でシュノーケルを用意したい方へ、管理人イチオシのおすすめシュノーケルはこちら

おすすめ記事>>【辰の島海水浴編】壱岐旅行・観光で絶対必須&定番アイテムまとめ

辰の島をもっと楽しく!水中を撮影してみよう

実際に辰の島へ行ったことがある方はかなりの透明度に驚いたことでしょう。

中にはシュノーケリングをしながらきれいな海や魚を水中で写真を撮りたいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お子さんが泳いでる時や彼女が泳いでる時に海で水中で写真を取れるカメラ、ビデオを持って行くと思い出がまた一つ増えると思います。

そのような方へ管理人イチオシのおすすめ防水カメラはこちら

おすすめの防水カメラ・防水ビデオ

GOPRO マイクロSD対応 4Kムービー ウェアラブルカメラ GoPro ゴープロ HERO7 ブラック CHDHX-701-FWは防水ケースを使用しましょう。

 

 

まとめ

きれいな海でシュノーケリングをして水中での思い出を撮ってみませんか?

自然豊かな壱岐で安全に事故がないように楽しい壱岐旅行をお楽しみください。
それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

まだホテルの予約をされてない方はこちらをどうぞ
>>【壱岐】壱岐の宿泊施設(ホテル・ビジネスホテルまとめ)ネット予約


関連記事

  1. 【壱岐】辰の島の設備(シャワー・トイレ・更衣室)と海の家(売店)の紹介

  2. 【壱岐旅行】日帰りでも辰の島(たつのしま)を楽しむプラン

  3. 対馬厳原港でレンタカーを借りたい方へ

  4. 壱岐イルカパーク&リゾートの口コミと混雑予想

  5. 鬼の足跡

    【鬼の足跡】壱岐旅行では行っておくべき観光スポット

  6. 【壱岐イルカパーク&リゾート】に行く前に知っておきたい7のこと