壱岐で日本酒造りが復活 重家酒造の「横山五十」と「よこやまSilver(シルバー)」

壱岐で日本酒造りが復活 重家酒造の「横山五十」と「よこやまSilver(シルバー)」

 

ちょっと前は壱岐のお土産と言えば「麦焼酎」だったのですが、現在は壱岐に観光で来られた方は重家酒造の「横山五十」、「よこやまSilver」をお土産に買っていくほどの人気になりました。

 

今回紹介するのは壱岐で日本酒造りを復活させた重家酒造さんの「横山五十」、「よこやま Silver」の紹介をしたいと思います。

 

 

 

【壱岐】重家酒造(おもや)とは

 

長崎県壱岐市の焼酎・日本酒の醸造元。

【公式】重家酒造株式会社ホームページ

 

焼酎銘柄  雪洲、ちんぐ、確蔵
日本酒銘柄 横山五十(よこやまごじゅう)、よこやまSilver

重家酒造の歴史

大正13年(1924年) 初代横山確蔵により創業
昭和17年(1942年) 重家酒造合名会社設立 代表社員横山確蔵
昭和31年(1956年) 長谷川小弥太 代表社員就任
昭和46年(1971年) 福岡国税局管内優等賞受賞
昭和50年(1975年) 横山省三 代表社員就任
平成元年(1989年) 福岡国税局管内局長杯受賞
平成  2年(1991年) 福岡国税局管内賞局長杯受賞
平成22年(2010年) 平成23年中国上海へ輸出開始
平成25年(2013年) 日本酒造り開始(確蔵Our Sprit僕らの想い)
平成26年(2014年) 重家酒造株式会社へ社名変更
平成26年(2014年) 横山雄三 代表取締役就任
平成26年(2014年) サッカーW杯期間中ブラジル「nakata.netcafe」でちんぐを出品
平成26年(2014年) 純米大吟醸横山50販売開始
平成26年(2014年) 横山50 九州S1グランプリIN TOKYO準優勝
平成27年(2015年) 横山五十「SAKENOMY」出品
平成29年(2017年) 最新式設備導入(焼酎蔵)
平成30年(2018年) 新蔵(日本酒)完成

横山五十・よこやまSilver復活

重家酒造は平成2年(1990年)まで日本酒を壱岐で造っていましたが、杜氏の高齢化により日本酒作りを中断していました。

その後、横山太三(専務取締役)が東洋美人醸造元の澄川社長との再開を機に壱岐に日本酒蔵を建設する前に澄川酒造場にて横山五十を造りリリースした。

平成30年壱岐に新日本酒蔵完成。
よこやまSilverリリース。


 

横山五十
マスカットの香りに口に含むと果実をかじったジューシーな甘みが広がります。冷やしたワイングラスでお楽しみください。

 

よこやまSilver7
マスカット系の香り、味わいはまったりとした甘み。優しさ、やわらかさとフルーティさを中心に、ごく軽い苦味も適度にあり。素直で日本酒初心者にも受け入れやすい味わい。

 




壱岐で横山五十・よこやまSilverが買えるお店

あまごころ本舗
林田酒店
長島酒店
久原酒店
松尾酒店
スーパーヤマグチ
今西酒店
ナガオカ
江川酒店
森山酒店
川村酒店
白川重家
川添ストア

最後に

横山五十、よこやまSilverを一度飲んでみたいと思いませんか?

壱岐に28年ぶり日本酒蔵が完成しておいしい日本酒ができ壱岐で買いたいお土産No.1になるのも近いかもしれません。

観光カテゴリの最新記事